ママと子供の虫歯予防,プラーク除去でデンタルケア

妊娠中、虫歯になりやすい理由は?ママが虫歯だと子供にも移る?!

妊娠中は虫歯になりやすいとか、ママが虫歯だと子供にも虫歯が移るって
聞いたことはありませんか?

 

 

結論からいうと・・・本当なんです。

 

 

妊娠中は虫歯になりやすく、
更に、ママが虫歯だと
子供も虫歯になる確率が格段に高くなるのです。

 

虫歯菌は移ります。

 

なので、
ママも子供もしっかりとした虫歯予防が大切!!

 

当サイトでは
虫歯菌の温床になるプラーク(歯垢)を自宅で正しく、
しかも簡単に除去できる
デンタルケア方法をお伝えしています。

 

 

妊娠中に妊婦さんが虫歯になりやすい理由は?

 

 

但し、よく言われている
「胎児にカルシウムを送るからママはカルシウム不足になって虫歯になりやすい」
というのは、実は全くの迷信。

 

驚きました?

 

妊娠中に虫歯になりやすい本当の原因は次の3つです。

 

つわりが酷いと、自然と歯みがきの回数が減ってしまう

 

つわりが酷い時期は、どうしても歯みがきが不十分になりがちですよね?

 

歯磨き粉の味や匂いもダメで受けつけなかったり、
歯ブラシを口に入れだけでも辛い場合も。

 

歯磨きの回数が減る

虫歯菌が増えやすい状態になる

虫歯の発症や進行のリスクが急激に高まる

 

という理由が挙げられます。

 

ホルモンバランスの変化により唾液の性質が変わってしまう

 

妊娠中はホルモンバランスが変化し、唾液の性質が変化します。
妊娠中は唾液の粘度が高くなって、細菌が活動しやすい状態に。

 

 

妊娠すると唾液そのものの量が減る
唾液の粘度が高くなる
 ↓
口内がアルカリ性から酸性になりやすくなる
 ↓
酸性の口内は歯の再石灰化の働きが弱くなる
 ↓
虫歯になりやすい状態が続く

 

といった悪循環になってしまうのです。

 

お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて1回の食事量が減る

 

お腹の赤ちゃんが育ってくると子宮が大きくなり胃を圧迫します。
どうしても一度に食べる量が減り、
一日数回にわけて食事をすることが多くなります。

 

口内が酸性の状態にとどまることが多くなり
虫歯菌にとって最適な環境に。

 

 

この上記3点が
妊娠中に虫歯になりやすい

 

という原因だったのです。

 

 

妊娠中に安心して出来る虫歯予防、プラーク(歯垢)除去、デンタルケア方法は?

 

妊婦さんとお腹の赤ちゃんの安全を考えるなら
虫歯菌除去の効果を考えるなら

 

迷わず「デンタルケアのブリアン」をお勧めします。